鐘に恨みは…

  • 2009.02.02 Monday
  • 22:40
 先日、紀道神社に参拝して参りました。
昨今、忙しくなかなかHPの更新が進みませず、自身でも地団駄を踏んでいるんですが、川辺町史を調べておりますと、安珍さんと清姫さんの前世に遡る因縁話に出会いました。


〜道成寺の釣鐘〜
 釣鐘は多勢の衆の念力によって造ったものが真の鐘と申すもの。
かの道成寺の鐘の製錬には檀家総代が世話人となり、羽織・袴を着用して戸毎に寄付に廻り合力を勧めた。農家では斧・鉈(なた)・鍬(くわ)・鋤(すき)の古金類。商家では銭、大家では金銀。
婦人はかんざし等、あらゆる金属類を寄進し、合せて何百貫という大したものになった。
 ある日、世話人は小屋住まいの老夫婦を尋ねた。細々と煙を立てているのを承知しているので気の毒に思ったが、万人の念力が主眼の故を思い、病床の老爺にこのことを話した。
 老爺は大いに喜び、古鉈を一丁寄進した。
 留守をしていた老婆が帰ってきた。「じいさん変わりないか」と言うから「変わりないよ。ばあさん、たった今、寺の総代さんが来て、道成寺に釣鐘を造るから何か寄進してほしいと言うから、鉈を寄進したよ」と言う。老婆は驚いて、「あの鉈はわしらの二人の命の綱、それを持って行かれて何としょう」と泣き出した。「わしら二人にとって、鉈は大切な事は解っている。けれどもお寺の大鐘造りの仲間に入っておくことは後世のため。諦めてくれ」と言って慰めた。けれども老婆は「わかっている。けれどもあの鉈が無くてはこの世で二人で食べて行くことはできないぞよ」と泣く。それも道理。毎日二、三合の米を食わしてくれる鉈である。この鉈なくては二人は餓死するほかはない。
 老爺は今は理くつに困り、老婆が泣き伏している間にそっと寝床を抜け出した。はうようにして一町(約百メートル)ほど行った所にある池の側に立った。そして念仏をくり返し唱えたかと思うと、その池に身を投げた。
 老婆が涙を拭うて見ると、爺さんの姿がない。「爺さあん、爺さあん」と叫びながら広くもない小屋の中を探したが、どこにも見あたらない。もしやと思って、その池まで走ってきた。見ると古草履が一足、池に向かってきちんと揃えてある。狂わんばかりに嘆き悲しんだ老婆は、夫の後を追うて池に身を投げたのであった。
 この夫婦は後世に生まれかわるのである。男は奥羽白河に生まれ、女は中辺路、真砂庄に生まれた。言うまでもなく、後の安珍と清姫である。二人は共に鐘に恨みがあった。
 清姫の恨みの炎で釣鐘が灰になった時、悲しくもその中に古鉈が一丁あったという。
(那須清次『伝説の熊野』)
コメント
kougiさん、こんばんは。
ご無沙汰しています。
書き込みありがとうございました。

前世からの因縁は、どうなんでせう。
ふたりの見ている先が同じでなくて、
女が果たして追っかける。
切ないやら、悔しいやら。


  • かんりにん
  • 2009/03/04 10:06 PM
TITLE:
SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
かんりにんさん、こんにちわ。

鉈ですか・・・象徴するものは、何なのかな? 山里の生活、豊かではないだろう暮らし? 

安珍・清姫 前世からずっと縁があったのかな?  

かんりにんさんのHPを読んで、先日、R311を通る度に看板が気になるようになってた、
真砂の清姫堂と福願寺に初めて寄りました。

一願だけお願いしてきました。

http://www.agara.co.jp/modules/dailynews/article.php?storyid=161960

  • kougi
  • 2009/02/10 2:49 AM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

 

千鳥アイコン戻る 

Booklog

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM