大汝詣

  • 2007.10.06 Saturday
  • 17:37
 奈良県橿原市膳夫町に鎮座する「三柱神社」は、当屋制が残っており、毎年10月1日の真夜中に当屋(頭屋)の仮宮に神様をお迎えする「神迎祭」を行い、27日が宵宮で28日に神送りの祭りが行われる。昔は座の講衆が神迎祭の前に吉野川で水垢離を行い、帰途小石を拾って帰り、仮宮の傍に置く習わしが残っていたとのことである。吉野川のどの辺かというと、大名持神社の社前辺りとのことであるが、この辺り川の流れが激しく、深さも結構ありそうだ。少し行くと川遊びに丁度よいスポットがあるのだが、社前辺りでの水垢離とは想像しただけでもキツいと思う。その際に吉野川で拾った石を藁に包んで持ち帰り、付近の川で禊をしたとのことだ。
 数年前、地元のテレビ局が放送していた「大和の民俗」(多分)という番組で、これを見たことがあった。かなり古い時代のもの(昭和40年代頃か)であった。中壮年の男性達が褌姿で水垢離をしている場面、藁に包んだ石を持ち帰る場面、三柱神社の鳥居の足もとを映している場面があったように記憶している。
 県史を参考にすると、「大名持神社」は上市の東に位置し、旧伊勢街道と旧東熊野街道の分岐にそそり立つ妹山に鎮座する。妹山の山容は円錐形で、古来神体山と仰いだ原始的信仰に由来し、斧を入れることが出来ない忌山と呼ばれ、禁忌的な信仰が今も続いている。この妹山に鎮座する大名持神社は、御祭神が大名持命(大国主命)・須勢理比売命・少彦名命である。
 大名持神社は、妹山だけではなく、社前の吉野川とも深くかかわっている。『大和志』に、社前の潮生淵は毎年6月晦潮水が湧くとの伝説があるという、潮生淵の聖域なのである。近年まで磯城・桜井・香久山地方の民間信仰行事として、氏神祭前に宮講当屋の人が大汝詣をして、この神域で六根清浄の水浴をしたという。後ここの清水を汲み親指大の細長い石を拾い帰って、宮座祭を行う風習があった。また、大名持神社の社務所の場所に、元神宮寺の「大海寺」があり、経蔵も今の社宅の背後にあったが、明治初年廃された。海もないのに、大海寺とは如何に。社前の潮水が湧くという潮生淵と関係があるようだ。
 日本の民族「奈良」によると〜オナンジマイリ〜とは、吉野郡吉野町上市にある大名持神社の下、吉野川の潮淵(シオブチ)は『大和名所図絵』に「毎歳六月卅日潮水湧出す」とある。伝えはなくなっているが磯城郡南東部地方の宮座の伝承するオナンジマイリ(大汝参り)は奈良盆地の人びとと吉野川の関係の古い姿を伝えている。橿原市膳夫町の三柱神社の宮座では九月の下旬、座の講衆七人が大名持神社のシオブチへ行き、神酒口にそこの水をくみ石を拾ってワラヅトに入れて持ち帰り、十月一日の深夜ムラの東を流れる米川に行き、神酒口の水を流しワラヅトを首にかけて水垢離をとる。その後当屋の御仮屋へ氏神を移し秋祭りの二十八日まで給仕する。宮送りが近づくと当屋と受け当屋は再度吉野川のシオブチへ行って水垢離をして水を持ち帰り、二十八日の早暁米川で水垢離をして御仮屋の氏神を神社へ戻す。オナンジマイリに共通する特徴は宮座の当人が秋祭りをいとなむ時に吉野町のオナンジへ水垢離をとりに行き、そこで小石を拾ってきてこれを祀ったり、斎戒のためにはいる風呂の中に入れたりし、祭りが終わるともとの所へ石を返しに行く、同類の事例が竜田川の字神南の川淵にもあって、奈良盆地の中央部の宮座では秋祭りの前に当人がここで水垢離をとるところが多い。
 しかしなぜ、磯城・桜井・香久山方面の講が大汝詣を行っていたのであろうか。いつ頃どんな目的で始まったのか知りたいところではある。
コメント
西園寺公彦さま、こんばんは。
お返事が遅くなりました。m(__)m
西園寺公彦さまにとっての妹山は、
思い出多い地なのですね〜。

小学五、六年生で映画館通いとは凄い!
映画の題材にあるような映画大好き少年だったんですね。
小学生時代といへば、私なんぞは自転車で隣町に行くのが関の山でした。(^^;
  • かんりにん
  • 2008/10/10 4:48 PM
管理人様、恐縮です。管理人様も大名持神社に関して良くご存知で、古代の吉野地方や明日香に造詣が深いと推察されます。大名持神社の場所名は吉野町大字河原屋だと思います。神社の少し手前の橋で、上市地区と龍門地区に別れいます私の小学校の頃は神社周辺の河原屋の子供は私と同じ龍門小学校(現吉野北小学校)に通っていました。小学校の五、六年生になると上市の映画館へ行き、最終のバスに乗り遅れて歩く。妹山の横を通る時は少し怖かった。原生林に覆われたやますそは夜は真っ暗で、時折り梟の声。足早に妹山を抜けたのを昨日のように思い出します。もう四十七年ほど前の事も故郷の事は何故か昨日のように思い出されます。
  • 西園寺公彦
  • 2008/09/29 2:15 PM
西園寺公彦さま、いらっしゃいませ。
書き込みありがとうございます。

>また歌舞伎の妹背山婦定訓の舞台になっています。
機会があれば、観てみたいです。
おもしろそうですね。(^^)

龍門岳には昔、大きな伽藍があったそうですね。
  • かんりにん
  • 2008/09/03 8:25 AM
大名持神社は幼稚園の遠足でお詣りしました。妹山は原始林に覆われた山で、いかにも神の山を彷彿させる天然記念物のツルマンリョウの群生地でもある。また歌舞伎の妹背山婦定訓の舞台になっています。妹山の脇から旧伊勢街道を上がると龍門郷。山口の里こそ我が懐かしい生誕の地。
  • 西園寺公彦
  • 2008/09/02 10:52 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

 

千鳥アイコン戻る 

Booklog

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM