熊野の本地

  • 2006.05.28 Sunday
  • 17:12
 本地物語。むかし、摩伽陀国(まかだこく)の善哉王(ぜんざいおう)には七人の后と千人の女御がいた。その中に、五衰殿という女御がいたが、十七の時来て十九になるまで目にかけられず捨て置かれた。この女御は観音の信者で、十一面観音を作って、王に自分を思い出すように祈った。そのためか、六年十ヶ月目に王は千人の数をかぞえて、この女御の存在にきづき、通ってみて美人なので、今まで忘れていたことを後悔した。窮愛浅くなく、いつしか懐妊の身となったので、他の女御は陰陽師を召して占わせると、子供は善王で善政を布くと出たので、おどして王に讒奏させる。王は是非なく、鬼谷山の鬼持谷で首を刎ねさせた。死に臨んで生まれた王子は、母の乳房をすい、虎狼野干の守護によって育った。これを山の奥の花商山にいた喜見上人が知って、王子をつれてきて三年間養育した。
 王の重病に王子が祈祷にきて平癒し、布施に母の首を所望したことから、王子であることを知り、万里の飛車に乗って王・王子・上人の三人は日本の熊野に来て、三所権現となって現れた。この物語は『神道集』巻二に修められて唱導されていたことが分かる。お伽草子として多く流布したばかりでなく、説経節の「熊野の本地」あるいは「ごすいでん」としてかたられ、また幸若・古浄瑠璃の『高館』中にもとかれている。山伏・熊野比丘尼が宣布したのであろうと言われている。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

 

千鳥アイコン戻る 

Booklog

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM